FXのレバレッジ


外貨貯金とFX top>違いについて>レバレッジ

FXの大きな特徴に、レバレッジがあります。

レバレッジとは、保証金取り引きを用いることで、手持ちの資金よりも多くの金額を取り引きできるというもの。

たとえば手持ち資金が10万円の場合、レバレッジを10倍にすれば、100万円までの取り引きが可能になります。

つまり、10万円しか持っていないのに、100万円持っているかのように取り引きができるんですね。

元手が大きくなれば、それだけ大きく増やせることになりますから、うまくいけばかなり得をします。

もちろん取り引きですから、うまくいかない場合もあり、その場合は損失額が増えますから、気をつけなければいけません。

心配であれば、たとえばレバレッジを1〜2倍など、低くすれば大丈夫です。

ちなみに、FX業者によりますが、400倍などの大きなレバレッジを設定できることもあります。

レバレッジは外貨貯金には無い、FXだけの特徴です。


外貨貯金とFXの違いに戻る

外貨貯金とFX